ひとしごと館は特技や経験を活かしたい人と困りごとをつないでいます
TEL 06-6710-9130 開館時間 毎週 月・水・土曜日 / 10:00-17:00

MORE

news  ひとしごと館からのお知らせ

2019.07.29

お寺で上映会「私たちのノンフィクションを話そう」を開催しました!


7月27日、ひとしごと館のすぐ近くにあるお寺「願泉寺(がんせんじ)」で、『 私たちのノンフィクションを話そう ~地域の”つながり”とか”見守り”について~ 』を開催いたしました。

今回のイベント、事の発端はいつもひとしごと館を利用してくださっている地域の方からの一言でした。
「 地域には、相互に助け合う力が必要だ 」

現在ひとしごと館では、浪速区周辺で地域の方々が主体となって見守り活動を実験的に行なっています。

その内容とは、ひとしごと館を利用してくださっているお宅を回る。といったものなのですが、実際に伺ってみると
「 実は、困っていることがあって… 」
「 有料でも良いから続けてほしい 」という声をいただきました。
見守り活動が求められていることを感じています。

ですが、見守りというものは本来、地域のなかで人々が相互に関わり合い助け合うなかで自然と生まれるものです。
ボランティアというのは、志を持った数名が一生懸命やって続くものではありません。ボランティアという意識を飛び越えて、地域のなかで助け合える関係性が紡げることが目指したい理想像だと、考えています。

そこで、地域の”つながり”や”見守り”についてまずは知ってみる・考えてみるきっかけをつくろうと、今回のイベントに至りました。

Facebookイベントページ https://www.facebook.com/events/428361844672270/


会場は、大阪市浪速区にある願泉寺。かの有名な小野妹子の子孫が創建したという、庭園が見事な歴史あるお寺です。
「駆け込み寺」や「寺子屋」といったものがあったように、かつてはお寺が地域のつながりの拠点であったことから願泉寺の本堂をお借りして開催しました。

願泉寺の現住職 44世 小野真龍さん


当日は台風が接近して天候不良ではあったものの、スタッフ含め20名が参加し盛況のうちに終わりました。

イベントでは、宮城県の豊里町を舞台に地域の”つながり”や”見守り”をテーマに制作された短編映画「ひとりじゃない」を鑑賞しました。その後、映画の感想を共有しながら自分たちの暮らす地域のことや今回のテーマである地域の”つながり”や”見守り”について参加者同士お話しながら考えを深めていきました。

普段なかなか意識することのない地域との関わりや人とのつながりを見つめ直す機会として様々な気づきがありました。

また、参加いただいた方のほとんどが初めて願泉寺を訪れた人であったり、数十年ぶりに里帰りして参加した人がいたりと、この場を通して参加者とひとしごと館と願泉寺とのつながりも築かれていました。

今後もこのような場を設けたいと考えており、見守り活動も継続的に行いたいと思います。

ご参加いただいた皆さま、願泉寺の皆さま、上映映画を貸出くださった豊里コミュニティ推進協議会の皆さま、イベントの広報や機材などご尽力いただいた皆さま、ありがとうございました。皆さんと豊かな時間を過ごせたこと、たいへん嬉しく思います。

参加者の皆さんとの話でよくあがった「地域とつながるための一歩」を、私たちひとしごと館は支えていきます。またイベントや講座などで皆さんにお会いできることを心より楽しみにしております。


○ ひとしごと館 Facebook ページ
https://www.facebook.com/naniwa.hitoshigoto/

○ 宗教法人 浄土真宗本願寺派 願泉寺 Facebook ページ
https://www.facebook.com/jodoshinshu.gansenji/

メルマガに登録してひとしごと館の最新情報をチェック!