ひとしごと館は特技や経験を活かしたい人と困りごとをつないでいます
TEL 06-6710-9130 開館時間 毎週 月・水・土曜日 / 10:00-17:00

MORE

news  ひとしごと館からのお知らせ

2019.11.20

~「問う力」を高める~ファシリテーション講座を開催しました!

自分が所属するチームで、メンバーの力を発揮できる“縁の下の力持ち“になるために必要なスキルや勘どころを体験的に学ぶ講座「ファシリテーション講座」を開催しました。

当初定員12名の予定でしたが、合計23名の方からお申込みをいただきキャンセル待ちが多数発生したため、急遽会場を変更して実施しました。
多くの方にご関心を寄せていただき感謝致します!

ひとしごと館では、”とくい”や好きなことをカタチにして活躍している活動ボランティアさんが少しずつ増え、アロマハンドケアチームや包丁研ぎチームといったチーム活動も活発になっています。

今回は、そんなひとしごと館が開催する、”ひとしごと館流”チームの力を引き出すためのスキルや勘どころを学び、体感する場となりました。

講師は、弊所ひとしごと館を運営しているNPO法人 Co.to.hanaのコミュニティデザイナー、丸毛が務めました。

丸毛は、2012年からファシリテーションを学び、まちづくり、教育、福祉などの分野で「人と人をつなぐ場づくり」に取り組んだ経験があり、2017年からCo.to.hanaに合流したスタッフです。地域の大人がマイプロジェクトを生み出す「ひとしごと実践講座」、分野・セクターを超えたコレクティブ活動創出のためのプラットフォーム「TUMUGUBA(ツムグバ)」、高校生が身近な課題からソーシャルプロジェクトをつくる「ソーシャルイノベーションハイスクール2018」などのプロジェクトを担当しています。

当日は、ひとしごと館をご存知の方もそうでない方も、年齢や職業さまざまの方に参加していただきました。

そもそもファシリテーターとは。

場にいるメンバーの「気づき」を促して、メンバーの主体性を高めながら、良い化学反応を生み出していく役割の人。

つまり、スキルを持った”縁の下の力持ち”さんです。

“縁の下の力持ち”さんに必要なスキルの1つが「問う力」と言われています。

相互作用を促すファシリテーションには、「お互いを理解することを促進する」プロセスが必要になります。

そのために「問う力」が大きな効果を発揮してきます。

「問う力」を高めると……

*メンバーの力を引き出す手伝いができる。

*一人ひとりが主体的に動けるようになる。

*相手が考えを整理でき、「話してよかった」と感じてもらえる

といった効果があります。

今回の講座では、その「問う力」を体系的・体感的に学びました。

講座は、ファシリテーションを基本から学ぶ『レクチャー』や、グループでそれぞれの抱える課題や「問いのプロセス」を発見する『ミニワーク』、グループで「問い」を実践する『体験ワーク:問いの筋トレ』、学んだことを共有しあう『振り返り』という構成で行われました。

全体を通して参加者同士で話し合う時間が多く設けられ、会場は終始賑やかな雰囲気でした。

参加者同士初対面の方が多い中、ワークを繰り返すうちに打ち解けた雰囲気になり、身振りや表情もより豊かになっていきました。

意見や気づきを発表し全員で共有する際には、次々と手が挙がり、多様な意見が出ていました。

「沈黙を恐れて自分ばかり話してしまう」「メンバーから主体的な意見が引き出せない」などの問題に対する丸毛のレクチャーに、参加者の皆さんからは時折「おお…!」「そっか…!」といった声が漏れていました。

参加者からは、「ファシリテーションについて知っていた知識がごく一部に過ぎなかったと知り、多くの学びがありました。」「次回のミーティングで活用させていただきます。」といった感想が聞かれました。

/// /// ///

ひとしごと館では、「何かしたい!」「自分のとくいをつくりたい!」という方に向けてイベントを定期的に行っています。

詳しくはひとしごと館まで!お気軽にお問合せください♪

—お問い合わせ—
ひとしごと館
住所 : 〒556-0015
浪速区敷津西1-5-13 1F
開館時間 : 毎週月・水・土 / 10:00-17:00
TEL : 06-6710-9130 FAX : 06-7635-8227
Mail : info@hitoshigotokan.jp
企画・運営 : NPO法人Co.to.hana

メルマガに登録してひとしごと館の最新情報をチェック!