お知らせ

2019.02.06  [イベント]

「なにわ伝統野菜の料理教室」を開催しました!

大阪で今一番旬でおいしい伝統野菜を、大阪の味に仕立てた「なにわ料理」を学べる料理教室を開催しました!
講師は「なにわの料理教室 健彩青果」主宰の大畑千弦さん!

 

大畑先生は中央卸売市場でお仕事されていたご経験をお持ちの、なにわ野菜のスペシャリスト。現在は、旬野菜をたっぷり使った大阪のおばんざいを教える「なにわの料理教室 健彩青果」を主宰されながらテレビご出演やコラム執筆など、多方面で活躍されている料理家さんです。(なにわの料理教室 健彩青果:http://kensai-seika.com/

 

今回の主役は、冬の旬!甘くてとろっと柔らかい難波ねぎです。
難波ねぎと九条ねぎの関係は実は都の移動にあった!?
そんな、なにわ野菜にまつわる知的興奮をくすぐる歴史エピソードを学んだあと、実際になにわ野菜を使った1品を作ります。
メニューは、難波ねぎと牛すじこんにゃくを使った”ねぎ焼き”!


大畑先生が生産者さんから直接、良質な難波ネギを買い付けてきてくださいました。
さすが元中央の青果担当!

 

難波ネギは中のとろりとしたゼリーが普通のネギよりも多いのが特徴だそうです。

この、中のゼリーはネギが成長のために蓄えている糖質だそうで、成熟して葉先がお辞儀している時が食べごろなんだとか。

ちなみに、難波ネギは2017年にやっと「なにわの伝統野菜」として認定されたそうです!

「なにわ伝統野菜」は100年以上前から品種が改良されることなく府内で栽培され、現在も生産されているといった条件を満たした野菜だけが認証される希少種。

難波ネギは奈良時代にはすでに存在していたにも関わらず、その明確な証拠がなかったそう。

ですが最近になって、明治時代の種苗会社の取り扱い目録(商品カタログのような)に記載があったことが発見され、晴れて2017年に「なにわ伝統野菜」に認定されたドラマティックな品種だそうです!

 

しかし奈良時代ってすごいですよね。

文献から700年代初頭に難波周辺から京都に種が渡ったことが記されているんですって。

京都に都が遷移した時に難波ネギの種も農家さんと一緒に京都に渡ったたんだそうです。

そう。難波から京都へ渡ったんです。

はい、そうなんです。京野菜の九条ネギは何と難波ネギが親元なんだそうです。

難波ネギ以外にも、都の移動とともに「なにわ野菜」の種が京都に渡り、京野菜の生産につながったんだとか。

 

大阪は海を埋め立てた土地が広がる塩地だったため、お米の栽培には向かなかったそうなのですが、砂質が畑に向いていて野菜の一大産地だったそうです。

なんでも、現在の南海難波駅の周辺は、あたり一面のネギ畑だったようです!

そんな昔からずーっと種が守られてきていたんですね。

 

レクチャーの後はいよいよお料理開始です。

ネギ焼きはネギを楽しむなにわ料理なので、難波ネギをたっぷりのせます!

これくらい、こんもり!

ジュージューと焼けてきたら・・・

息を合わせてひっくり返します!


はい!

難波ネギがたっぷり入ったまんまるいネギ焼きが完成!
お吸い物と、おてっぱい(難波ネギの酢味噌和え)も添えて♪
きっとみなさんビールが欲しかったことと思います。。

 

 

参加者の中には日本語学校の生徒さんも。ベルギーからの留学生さんだそう!

 


子どものころから、日本の料理アニメやマンガなどを読み、ずっと和食にあこがれていて、日本の料理について教室に通って勉強したくて、日本に来たんだそうです。

後日、日本語学校の先生に「すごく良かった」とお話してくださってたようでした!

伝統野菜は古くから種を通して命が今に伝わり、その地域で脈々とつくられている、その地域ならではのおもてなし食材です。そんな大阪の伝統野菜をたっぷり使った「なにわ仕立ての料理」を教えてもらうイベントに参加してもらえて、こちらも本当に嬉しかったです♪


講座終了後には、

大阪に住んでいるのに大阪のことや、”なにわ”のことを知らないなと改めて思いました!」

「今日知ったことを”なにわ”のおもてなしとして、いろんな人に話してみたい♪」

といった声が上がりました!

 

100年の時を経てこの地で脈々とつくられている大阪ならではのおもてなし食材、なにわ伝統野菜。大阪らしい”とくい”の引き出しを一つ増やしてもらえた時間となりました。

 

 

/// /// ///

ひとしごと館では、「何かしたい!」「自分のとくいをつくりたい!」という方に向けてイベントを定期的に行っています。

詳しくはひとしごと館まで!お気軽にお問合せください♪

—お問い合わせ—

ひとしごと館

住所 : 〒556-0015 浪速区敷津西1-5-13 1F

開館時間 : 毎週月・水・土 / 10:00-17:00

TEL : 06-6710-9130 FAX : 06-7635-8227

Mail : info@hitoshigotokan.jp

企画・運営 : NPO法人Co.to.hana

メルマガに登録してひとしごと館の最新情報をチェック!

お名前

メールアドレス

ひとしごと館への参加のカタチ