お知らせ

2018.02.14  [レポート]

やさしい料理会を行いました!

2月3日(土)節分の日、みんなで料理を作って楽しむ「やさしい料理会」を開催しました!

 

「美味しいお味噌汁が飲みたいんや!」という男性の利用会員さんの一言から始まったこの企画。

今回のメニューは、節分にちなんで【ダシから取るお味噌汁とデコ巻き寿司】です!

 

講師にお迎えしたのは、なんとひとしごと館活動会員のお二人。

もともと料理が得意なお二人が、参加者のみなさんに優しくレクチャーしてくれました。

 

まずは最初は、お味噌汁作りから。昆布とカツオを使ったダシの取り方から教えていただいたのですが、細かいコツがたくさん。

「なるほど〜!」と驚かれる方から、「昔はこうゆう風に習った記憶があるわ。」という方まで反応は多種多様。

 

 

「いつもは市販のもので作ってるので、ダシの取り方を初めて知った!」という、

小さいお子様と参加されたお母さんもいらっしゃいました。

できたてのダシを少し味見をさせて頂きましたが、市販のダシでは味わえない美味しさでした!

 

 

お味噌汁の野菜を下ゆでしている間にデコ巻き寿司作り!

デコ巻きとは「デコレーション巻寿司」の略。巻き寿司の具材でキャラクターやモチーフを形作る今流行りの創作料理です。

 

手先が不器用だからと心配する声がチラホラ挙がったのですが、

「絶対にできます!安心してください!」と講師の会員さんの頼もしい一声。

 

 

工作のように、まるでブロックを組み立ているような工程。

参加者の方も「完成の形が想像できません〜!」と笑い合いながら、楽しい雰囲気でした。

 

 

お子さんも参加されていたのですが、大人よりも飲み込みが早く、「もうできちゃったよ!」と周りの人達を待ってくれてる場面までありました◎

 

そして、最後まで巻き寿司を組み立てて、ついに包丁で切ると…

可愛い鬼たちの顔がひょっこり!!!

 

思わす「おおおお〜!!」という歓声が!

 

 

とても面白いのは、同じように作ったデコ巻き寿司でも、表情や輪郭が全く違っていたこと!

 

「ちょっと、面長だわ!」「なんだか、おっとりしてる顔。」

 

みなさん、自分の作った鬼の巻き寿司を見ながらニコニコ。

 

最後には、美味しいお味噌汁と巻き寿司を皆で頂きました!

可愛くできすぎて勿体ないからと、ご家族に持って帰る方や、孫に作ってあげたいとご自宅でのデコ巻き寿司にチャレンジすることを宣言される方もいました。

 

 

とっても楽しんでいただけた今回の料理会。

 

講師をしてくれたお二人の会員さんは、普段から食に関しての活動や、料理のひとしごとを行なっており、まさに、お二人が自分のとくいを活かせる、そしてそのとくいでみんなが幸せな気分になれる場所となりました!

 

これを毎年の恒例行事にしていけたら素敵ですね◎

メルマガに登録してひとしごと館の最新情報をチェック!

お名前

メールアドレス

ひとしごと館への参加のカタチ