ひとしごと館は特技や経験を活かしたい人と困りごとをつないでいます
TEL 06-6710-9130 開館時間 毎週 月・水・土曜日 / 10:00-17:00

MORE

REQUEST

ひとしごとを依頼したい

ひとしごとを利用したい方は日常生活上でちょっとした困りごとがある方の参加のカタチです。
ひとしごと館に困りごとをご連絡いただくと、活動できる方を探したうえ会員を派遣します。

REQUEST
TYPE

1|自身の困りごとから依頼する

困りごとから依頼する方法。日常生活での困りごとを相談していただき、対応できる方とおつなぎします。
事務局からお手伝いいただける方を募ります。


2|会員の得意を見つけて依頼する

会員のとくいから依頼する方法。とくいを WEB や拠点で紹介し、サービスを受けたい人は自分が依頼したい
“ひとしごと” を選び、事務局でマッチングします。

こんな方々が「ひとしごと」しています!

HOW

利用料金

困りごと案件
1,000円~ / 時間

散歩の付き添いや子どもの見守り、勉強の補助など、ある程度時間が決定しているものに関して、基本的に1時間1,000円でサービスを提供します。

見積もり案件
事務局でお見積もり

掃除や料理、家電製品の初期設定など、内容によって作業の程度が異なる依頼に関するものです。事務局で作成した指標をもとに料金を決定します。

利用料金の例を見る

安心・安全について

本人確認

活動会員・利用会員共に、登録時には免許証など写真付の身分証明証にて本人確認を行います。さらに、初めに必ず面談し、どのような方かを把握してから派遣します。

賠償責任保険

活動会員は登録と同時に、全員が大阪市社会福祉協議会が提示している「非営利・有償活動団体保険」に加入しています。万が一の事故の場合でも、ご対応させていただきます。

トラブル時の対応

万が一トラブルがあった際は、必ず事務局が仲介に入り、問題の円滑な解決に努めます。また、問題が発生した原因を追求・整理し、再発防止に努めます。

サービス利用の流れ

サービスをご利用いただくには、年会費3,000円入会金1,500円をお支払いいただきます。
困りごとのケースによっては、はじめにどのような内容かをご見学させていただくこともございます。
大きくは下記の 4 つのステップでひとしごとをご利用いただけます。

1 お問い合わせ

依頼したい内容を、ひとしごと館までメールまたはお電話にてお問い合わせください。とくいからの依頼の場合は、依頼したい方のお名前をお伝えいただきます。

2 マッチング

依頼内容に応じて事務局から会員に連絡し、お互いの条件に合えばマッチング成立です。場合によっては、事務局の仲介で事前に面談をしてから決定することも可能です。

3 ひとしごと実行

ご指定の日時や場所に会員が訪問して作業を実施します。その場ではじめて会う場合は、活動される方には本人確認のため、会員証をご提示していただきます。

4 謝金の譲渡

ひとしごとが終了したら、事前に購入したチケットを活動される方にお渡しいただき、終了となります。

ひとしごと事例紹介

今までに実施したひとしごとの例をご紹介します。

家の掃除風景です。介護保険制度では支援を受けきれない部分のお掃除や一人ではどうにもできないお掃除もご相談が可能です。

包丁研ぎの依頼です。地域の各拠点で鍛錬を積んできた会員さんがしっかり研いでくれます。

イベントの際の自転車整理や交通案内もお手のもの。会員さんの心配りがよく見えるひとしごとです。

スマホの使い方を相談できるひとしごと。個別に困りごとを相談できるので、自分の本当に聞きたいことを質問することができます。

地域の広報活動のサポートも実施しています。地域の団体や施設のお困りごともなんなりとご相談ください!

利用者さんの声

大切な包丁を丁寧に研いでいただきました。

老人福祉センターでポスターを見て、包丁が研いでもらえると嬉しく思い、バスに乗り活動場所まで伺いました。昔は団地に毎月来てくれる方が居たのですが、最近では姿が見えず残念に思っていました。30年も使っている思い入れのある包丁をずっと使っていきたいと思っていたところ、ひとしごと館の包丁研ぎ活動に出会いました。実際お願いすると、すごく丁寧に研いでもらい気分がいいです。時間はかかるけど、シャープナーで研いだ時より切れ味がいいと感じます。包丁が切れるようになると、力を入れなくていいから料理が楽になって嬉しいです。活動されている方に「綺麗に使われてますね」と言われてすごく嬉しかったです。これからも包丁を使い続けたいので、この活動をずっと続けてください。

人とのつながりを感じられることが醍醐味です。

自宅の掃除になかなかこまめに手をつけられず困っていた時に、回覧板でひとしごと館を知り相談をしました。どんな方が来られるのか最初は緊張しましたが、実際来てもらうとその手際の良さに感心しました。階段や部屋の掃除をする際、お風呂掃除のように裸足で活動されるんです。その方には掃除をしやすくする一つ一つの心がけがあるのだと驚きました。現在も定期的に活動をお願いしており、非常に助かっています。活動する中で「ここはこうしてほしい」と思ったことは伝えていますし、逆に活動される方からは「これは掃除だけでなく、物の置き場所を考えてみてはどうか、その方が使いやすいよ」とアドバイスももらいます。そんなコミュニケーションができるのがひとしごとの醍醐味ではないでしょうか。

力を借りることでできることがたくさんあります

私自身が町会の会長を務めており、地域で行事を行うことも多いです。そんな中、地域で行事を催す際に大きな問題点となっていたのが、来場者の駐輪で起きる自転車トラブル。大変な時は救急車を呼ぶ事態になったこともあったのですが、なかなかそこをお願いできる人がいないという現状もありました。「なんとかしなければ!」と思っていたところ、ひとしごと館に出会いました。イベントの際の自転車を整理してほしいという依頼をすると、地域の方々や若い方々を集めて活動してくださいました。結果、自転車トラブルが0になりました!ひとしごと館のおかげです、嬉しく思います。ひとしごと館で活動される方は真摯に活動してくださるので、今度はまた別のひとしごとも依頼したいと思っています。

メルマガに登録してひとしごと館の最新情報をチェック!